学校生活
トップページ > 学校生活 > 恵泉ダイアリー > スピーチコンテスト | 恵泉女学園 中学・高等学校

恵泉ダイアリー

スピーチコンテスト

2020/11/24

11月20日(金)、今年で45回目を迎える校内スピーチコンテストが開催されました。夏休みの宿題として準備をし、クラス予選と2度の選考を経て、本選では中学生3年生の暗唱の部に3名、高校生のフリースピーチの部に5名が出場しました。高校スピーチの発表者は全員帰国生ではなく、恵泉ではじめて英語を本格的に学んだ生徒たちですが、内容、発音、イントネーション、伝えようとする熱意、など、審査員としてお招きした先生方が驚かれるほど、どれも素晴らしいスピーチでした。今年は特に内容も多様で、Students’ Choice の審査員となる生徒たちも興味深そうに耳を傾けていました。

なお、フリースピーチのタイトルは以下のようなものでした。

“What Makes Us” / “What We Have Lost in the Pandemic” / “Dream Box” / “Are Cheap Clothes Really Good?” / “Tomatoes Can Be Eaten”