教育内容

考える恵泉

自分の考えを持ち、発信することのできる女性を育成する。

効果的な学習方法を見つける「学習計画表」

定期試験前に、生徒自身が考える学習計画。
平日は90分以上、休日は300分以上、家庭学習に取り組むことを目指します。

前期(1~2年)の段階では、先を見通して学習を進める姿勢を身につけることが大切です。そのために、定期試験前は学習計画表を作成。試験の結果が出た段階で、試験前の学習量や内容を振り返り、次の試験対策に反映させます。この作業を繰り返す中で、自分に適した学習方法を体得していきます。

1
定期試験の2週間前に、大まかな計画を立てます。平日は合わせて90分以上、休日は300分以上、家庭学習に取り組むことを目標にしています。
2
通常の授業のための学習も含め、実際に取り組んだ内容を記入します。
3
1週間後、その週の学習を振り返ります。担任が目を通し、必要に応じてアドバイスをします。

結果を次につなげる「試験結果表」

生徒自身が定期試験の結果を客観的に分析することが大切。
失敗や試行錯誤を繰り返すことが、生徒の自立した学習につながります。

1
事前の準備が試験の結果にどのように反映されたのかを客観的に振り返り、弱点や欠点を克服するきっかけにしています。
2
保護者にも、試験の点数だけを見て判断するのではなく、生徒の学習への取り組みにも目を向け、親子で話し合い、生徒の学習を見守り、支えていただくよう協力をお願いしています。
読書ノートを始めて、様々なジャンルに興味が広がり、どんどん自分の知識を増やしたいと感じています。
読書ノートを始めて、様々なジャンルに興味が広がり、どんどん自分の知識を増やしたいと感じています。

小学生のときの読書は日本の小説だけでしたが、恵泉に入って読書ノートを始めてからは、読んだことのないジャンルにも興味を持ち、ノンフィクションや外国の小説も読むようになりました。様々なジャンルの本を読むことで、自分の知識の幅を広げたいと感じるようになり、1年生のときは年に60冊、2年生では11月までに90冊と読書量も増えています。読書ノートで自分が勧めた本を「おもしろかった」と言ってもらえることもあり、とても励みになります。

N.H.さんさん    2年生

「考える恵泉」の新化・進化・深化

探究実験

探究実験

ICT設備拡充

ICT設備拡充

「考える恵泉」継続的取り組み

読書ノート(1~3年生)

読書ノート(1~3年生)

サイエンスアドベンチャー

サイエンス・アドベンチャー

クリティカル・シンキングを養う
メディアリテラシー教育

ディベート(3年生)

ディベート(3年生)

情報と科学(3年生)

情報と科学(3年生)