教育内容

教科教育

国語科

教科目標

古典および現代の優れた文章や文学作品を、正しく理解し味わう力を身につけること、主体的に考え、表現し、互いに伝え合う力を養うことを目標としています。身辺の具体的な事柄から抽象的・観念的な事象へと思考を深めていく時期に見合った言葉を身につけさせたいと考えています。

授業内容

国語科 国語科

 1年生 ●今後の言語生活の土台を形成。●授業内に読書の時間を設け、集中して本を「読む」姿勢を育成。●戦争体験者等の聞き書きを通して、話を「聞く」という行為を意識化する。

 3年生 ●「アクティブラーニング」である週2時間のメディアリテラシーの授業は、20年間続けられている。●1学期はディベートを実施。テーマは自分たちで決めており、服装などの身近な問題から死刑制度や原発の是非といった社会的な問題まで様々。立論はデータや事例などの客観的根拠を挙げ、論理的に述べるよう指導。●2学期は校内を取材して新聞を作成。教員・職員・保護者にも取材し、物事を生徒の立場からだけでなく、多角的に捉えるよう指導。また、新聞・テレビ報道を比較・分析し、ニュースには編集者の意図があること、情報を鵜呑みにせず批評的に読み取る必要があることを学ぶ。

 4~6年生 ●現代の作品だけでなく古典文学の読解を通して、知識・思考力・批評的読解力を養う。先人の思索と感性に触れ、人間と社会・自然との関係について考えを深化させる。●作品から受け取ったことを自分の言葉で表現することで、複雑で抽象度の高い思考力・表現力を磨き、また、自らの生き方について考えを深化させる。

ディベートや新聞作りなど、自ら体験し学べる機会が豊富な国語の授業。
ディベートや新聞作りなど、
自ら体験し学べる機会が豊富な国語の授業。

国語の授業は、ディベートや新聞作りを行ったり、古典の音楽などを鑑賞したりと、生徒たちが自ら体験し楽しめる機会が多いのが魅力です。とくに印象深かったのが、高校の古文の授業。様々なジャンルの古文を学ぶなかで、時代を超えて読み手に感動を与えることができる文学の偉大さを実感しました。大学で古文を深く学んだあと、将来は教育関連の職業に就き、古文のすばらしさを伝えていきたいと思っています。

M.T.さん    6年生

数学科

教科目標

数学科の目標は、問題の条件を正しく読み取り、数式や言葉で論理的に表現する力をつけることです。反復練習で基礎を定着させるとともに、証明問題を通して自分の考えを相手に正確に伝える記述力・説明力をつけていきます。また、身の周りのことに関心を抱き、当たり前に思えることに疑問を持つ視点を育みます。「悩み考えているときにこそ数学的思考力は伸びる」という確信のもと、様々な問題に対して粘り強く考える姿勢を育みます。

授業内容

数学科 数学科

 1年生 学習習慣と確かな計算力を身につけることが目標。 ●授業は少人数クラスで、式の立て方や図の描き方、宿題の取り組み方などを丁寧に指導。 ●計算テキストや授業冒頭での小テストで、内容の確認と定着を図る。

 2・3年生 ●図形の証明などを通して論理的思考力を向上させる。 ●プリント教材により日々の学習習慣を確立するとともに、数学的に考え、論証する力を育成。 ●授業外では補習だけでなく、得意な生徒を対象とした講座を設け、大学入試などハイレベルな問題をグループディスカッション形式で解いていくことで、解答力を磨く。

 4・5年生 習熟度に応じて編成したクラスで授業を進行。 ●基礎クラスでは、基本事項の定着を図ることを目標に演習を実施。 ●応用・発展クラスでは、教科書の内容を徹底しながら、より高度な内容にも取り組み、理解度を向上させる。●定期試験や模試のない月には幅広い内容の実力テストを実施し、総合的な学力を養成する。

 6年生 ●大学受験に対応した数学III、ハイレベル演習、スタンダード演習、数学IA 演習・数学ⅡB演習を設置し、それぞれの進路に合わせた授業を実施。 ●演習科目では、アクティブラーニング形式を取り入れ、入試問題を解きながら数学の本質的理解を促す。

数学は、ディスカッション形式など、教科書とノートだけではない授業が印象的。
数学は、ディスカッション形式など、
教科書とノートだけではない授業が印象的。

数学で印象深かったのが、ディスカッション形式の授業です。みんなに自分の考え方を分かりやすく伝えることの難しさを感じるとともに、みんなでひとつの問題についてたくさん話し合い、ようやく答えを出せたときの達成感や喜びは格別。教科書とノートだけではない授業を通じ、数学の楽しさを学べました。先生の対応も丁寧で、質問や相談に快く応えてくれたり、直しノートに一人ひとりコメントをつけてくれたりと、分かりやすく教えてくれます。

R.T.さん    5年生

社会科

教科目標

自分をとりまく社会がどのような歴史・風土・構造の上に成り立っているのかを理解し、国際社会の中で生きていく土台を形成することを目標とします。日々の授業と6年間の学園生活を連動させながら、目標を実現したいと考えています。

授業内容

社会科 社会科

 1年生 ●世界地理を中心に学習。自ら学ぶ楽しさを知るため、特に調べ学習と発表の機会を多く持つ。メディアセンターを積極的に活用し、教科と司書教諭でチームティーチングを実施。

 2・3・4年生 ●歴史・地理•公民分野の学びをバランスよく展開しながら基礎知識の定着を目指す。グループ作業やレポート作成、ディスカッションなども取り入れながら、主体的•恊働的な学びを展開。

 5・6年生 ●各自の関心や進路希望に応じて幅広い選択科目を設定し、深く発展的な学びを目指す。特に日本史や世界史は、授業時間を十分に確保して、内容の濃い授業を展開。地理では地図を片手に学校周辺探索、時事問題研究では校外学習や専門家による講演などを実施。 ●6年次には演習科目を設定しており、受験に対応させた授業も充実。 ●模擬投票など、主権者教育も実施。

日本史を深く追究することで、より多角的に物事を考えられるようになりました。
日本史を深く追究することで、
より多角的に物事を考えられるようになりました。

恵泉で日本史を勉強することで、日本人の気質や考え方が育んだ現代社会のあり方まで理解できるようになりました。有志参加の「ヒロシマ平和の旅」に参加したり、見学旅行で寺院や仏像などに触れたりという機会も多く、ただ与えられた教材を勉強するだけでない環境も魅力で、より多角的に物事を考えられるようになりました。今後はさらに歴史を学べる進路に進み、より深く追究していければと思っています。

Y.Aさん    6年生

理科

教科目標

理科4分野を発達段階に合った時期に学び、自然に対する関心や探究心を高め、科学的思考力と正確な知識を身につけることを目標としています。分野に偏らず、多くの実験を積み重ね、結果をまとめる力を育成します。「理科好きを増やそうプロジェクト」は、生徒の興味や関心をかきたてるテーマを設定し、自主研究を行う取り組みです。毎年「、結晶づくりコンテスト」を行っています。各自がテーマに対して調査から実践、結果までたどり着く過程において探究心を育む教育を行っていきます。

授業内容

理科 理科

 1・2年生 観察・実験を年間20回以上行い、実験の基本操作を学び、自然科学に対する興味関心を高める。 ●長期休みを利用して博物館に足を運び、レポートを作成。調べ学習を行い、資料文献から必要な情報を読み取りまとめる力を育成。 ●その内容を授業内で発表することで、プレゼンテーションの基本を学ぶ。

 3・4年生 ●各分野の基本的な原理を理解し知識を身につけるとともに、実験を行い、レポートを書くことで論理的に考え、まとめる力を育成。3年では中学理科の総仕上げとして興味があるテーマを選択し、実験の方法、考察、まとめ、発表に至るまで全てを自分たちで組み立てる探究実験を実施。 ●レポートは正しい表現ができるまで、教員が繰り返し添削。

 5・6年生 ●それぞれの生徒が興味のある分野を選択し、学びを深化。 ●教科書の内容は5年時に終え、6年では入試問題の演習を中心に学習する。 ●自分たちでテーマを決める課題研究を実施。自ら問題を見つけ、答えの見えない研究に取り組むことによって、未知のことがらに満ちた世界の中で先に進む力を育成。

実験を通じて、たくさんの「なぜ?」を解決していくプロセスが理科の醍醐味。
実験を通じて、たくさんの「なぜ?」を
解決していくプロセスが理科の醍醐味。

1年では生物研究、2年では豚の内臓の観察、3年では探究実験や研究発表など、興味深いテーマについて体験しながら学べるのが理科の授業です。そこには、たくさんの「なぜ?」が生まれて、実験から得られた数多くのデータや資料をもとに、少しずつパズルを組み合わせていくように解決していく醍醐味があります。多方面から情報を収集し、それらをもとに自分なりの結果を出すというプロセスは、今後も様々な場面で活かしていけると思います。

M.N.さん    4年生

英語

教科目標

中学で確実に基礎を定着させた上で、高校では少人数授業や豊富な選択授業により、Reading、Writing、Listening、Speakingの4技能をバランスよく伸ばし、自信を持って発信できる英語力を身につけることを目標としています。

授業内容

英語科 英語科

●4年まではネイティブ教員による少人数制の英会話授業が必修。 ●校内で英検とTOEICを年2回実施し、受検を奨励。

 1年生 ●約20人の少人数クラスできめ細かい指導を行い、予習、復習の習慣を体得することで、6年間自分で学んでいく姿勢を養う。

 2年生 ●不定詞、接続詞などの要となる文法事項を学ぶこの時期、反復練習を徹底して行い、土台となる文法力を確実に身につける。

 3年生 少し長めの文章読解や速読、多読を通じて読解力を養成。 ●物語や詩の暗誦により4年のスピーチ活動へつなげる。

 4年生 習熟度別授業を導入し、毎週書くエッセイやスピーチにより、表現力を養成。 ●文法を一通り学びながら、毎週実施する単語・語法テストを通じて語彙力をつけ、一段とレベルの高い英文を読み、書く力を育成。

 5年生 毎週のリスニング授業で大学入試への対応力をつける。 ●時事問題に関する英文を読み、要約・意見文を書き、添削を受ける。また、スピーチコンテストに全員参加することで表現力を育成。

 6年生 ●大学入試に向けてリスニングも含めてレベルに合わせた問題演習を実施。 ●読んだ文章に関連した映像を視聴し、英語でディスカッションを行う。●選択授業では生徒の志望大学の入試問題を扱うほか、「時事英語」の授業やネイティブ教員によるクラスでも更に高度な英語力習得を目指す。

スピーチコンテストに出場できるまでに英語力が向上。将来は、英語が活かせる職業に就きたいと思います。
スピーチコンテストに出場できるまでに英語力が向上。
将来は、英語が活かせる職業に就きたいと思います。

入学当時はまったく英語ができませんでしたが、先生方のサポートのおかげで、塾に通うことなく校内のスピーチコンテストに出場できるほど英語力が向上しました。恵泉の英語教育は、ただ文法や単語を頭に詰め込むのではなく、楽しく学ぶことをモットーにしているからこそ身につくのだと、工夫が凝らされた授業を受けるたびに感じます。将来は、恵泉で培った英語力を使って、海外と日本の架け橋となるような職業に就きたいと思っています。

Y.K.さん    5年生

聖書科

教科目標

恵泉女学園創立の目的である「平和を作り出す女性の形成」のために設けられた特設科目の一つであり、恵泉教育の土台でもあります。また、中学校においては「道徳」の教科に代わるものです。「聖書」の授業では、キリスト教についての知識・理解を深め、「信仰」の世界への関心を持ち、自己、他者と向き合い聖書のメッセージを読み取る力を養うことを目標とします。

保健体育科

教科目標

「体育」では身体を動かすことが楽しいことだと感じられるように工夫しています。実際に身体を動かすことで、自分の身体に対する興味関心を持つよう促します。また、生涯にわたって運動を継続していくための導入として、できるだけ多くのスポーツ種目に接することができるよう配慮しています。違う学年に同じ種目が設定されている場合は、学年が上がるほど内容に深みが出るようにしています。前期では様々な動きに対応できるようにし、中期、後期ではより高い技能を目指していきます。「保健」では授業を通じて健康や安全に関心を持ち普段の生活の見直しができるようにし、将来に備えられるように指導しています。

音楽科

教科目標

音楽で求められる感受性とはどのようなものでしょうか。自分が出す楽器の音・声、周囲の人の楽器の音・声。一人のとき、複数のとき。また、聴いた音楽をどう受け止めるか、そして自分ならどう表現するのかを自分で考えて工夫することで、最終的には受動的な受け止め方にとどまらず、自分の感動を音楽という手段を用いて表現することを目指します。恵泉では毎朝の礼拝での賛美を始め、6年間を通じて歌に触れる機会が多くありますが、授業では発声指導など、より実践的に歌を学んでいます。その他、1・2年生では「アルトリコーダー」「ギター」「三味線」など、それぞれの楽器の特徴を考えながら、良い音を探っていきます。3年生では社会(歴史)の授業と、関連づけながら音楽史を学習します。映像資料も活用し、想像力を働かせて鑑賞もします。4~6年生では実技と並行してより専門的に楽典も学び、6年生では創作課題にも取り組みます。

美術科

教科目標

「文化」や「表現」というものは、言ってみれば高度な「遊び」でしょう。「遊び」にはルールがありますが、たった一つの答えというものはありません。むしろ無数の答えを持っていると言ってよいでしょう。そこでは、一番優秀であること(No.1)を目指すことよりも、唯一無二であること(only one)を目指すことのほうが、はるかに価値があります。言い換えれば、皆で同じ遊びをして競い合うことより、自分で新しい遊びを創り出すことが大事なのです。そしてその意識は、自ら見つけ出すことの価値を十分理解したり、個の違いを尊重する姿勢を自然に育んでいくための核となることでしょう。1~3年では基本的な素材や造形のルールを学び、身につけます。また、映像による資料・教科書・副読本などを通して、美術作品の多様な表現に出会い、「発見」の感動を味わいます。4~6年では油彩中心の平面の分野でより深く課題に取り組みます。

技術・家庭科

教科目標

衣、食、住、家族、保育、ライフプラン、高齢者、消費生活、環境、マナー等生きることに関わる様々な問題について興味や関心を広げ、自分との関係において考える力を養い、必要な技術を習得していきます。調理実習では、園芸科で育てた作物を用いた調理を行っています。収穫物の調理、試食、生ごみの資源化まで、「生命のサイクル」を体験から学びます。被服実習では、手縫いの基礎を徹底し、自ら衣服の補修ができる日常の技術を身につけます。また、ミシンを用いた立体的な作品製作により、衣生活への意識を高めます。可能な限り体験することで諸問題を身近に捉え、実生活に反映させていくことを目指します。

情報科

教科目標

多種多様なメディアが存在し莫大な量の情報があふれる現代社会において、その情報および情報源の信憑性について判断できる力も含め、意識的かつクリティカルにメディアを評価できるメディアリテラシーを身につけることを目指します。「コンピュータを使う、使える」ことは目標ではなく、それらが手段の一つであることを理解し、課題や目的に応じて情報手段を適切に活用することを学びます。また必要な情報を主体的に収集・判断・処理し、受け手の状況などをふまえて発信・伝達する能力を養うことも目指します。

園芸科

教科目標

「園芸」は学園創立時より特設科目の一つとしてカリキュラムに取り入れられてきました。土と親しみ、植物を友とし、自分の身体を動かし、友人と協力して作業する。こうした経験を通して、生命の尊さや働く喜びを学びます。授業では実習を中心に、恵泉の「園芸」の理論と技術を身につけることを目標としています。特別な道具や施設を極力使わず、授業で学んだことを家庭でも実践できるように、身近な植物を選び、草花や野菜の栽培を播種から育苗管理、収穫、利用まで行います。またキリスト教教育を行う学校として、いのちとキリスト教とのつながりにも目を向けていきたいと考えています。