学校生活
トップページ > 学校生活 > 恵泉ダイアリー >  5年生物 ウニの発生実験

恵泉ダイアリー

5年生物 ウニの発生実験

2020/02/14

5年生物では、ウニの受精と発生を観察しました。未授精卵に精子を混ぜるとすぐに卵に達して受精が起こり、受精膜があがります。見落としてしまわないよう注意して観察しました。他にも2細胞期、4細胞期、原腸胚、プルテウス幼生などを観察し、自分の目で大きさや動きを実感することができました。

このバフンウニ卵と精子は、お茶の水女子大学湾岸生物教育研究センター”教室に海を”プロジェクトでご提供いただきました。ありがとうございました。