学校生活
恵泉女学園中学・高等学校 > 学校生活 > クラブ・課外活動 > 活動情報 > クラブ・課外活動 > 園芸クラブ 年度末報告 | 恵泉女学園 中学・高等学校

クラブ・課外活動

園芸クラブ 年度末報告

2021/03/27

3月20日に商店会にキンセンカとビオラのプランターを配りました。とても華やかな組み合わせで、商店会の方々にも喜んでいただけました。今年度は思うように活動することができませんでしたが、次年度も引き続き一生懸命活動に取り組んでいきたいと思います。(4年プランター係)

 

今月はペパーミント、マジョラム、アサガオ、ルバーブの種をビニールポットに植えました。

今年は勝手が違い、ちゃんと畑係として役割を果たせていたのか分かりませんが無事終わることが出来ました。今後も様々な野菜や花を育てていきます。1年間ありがとうございました。(5年畑長)

 

今年度はコロナウイルスの感染防止を徹底しながら、マーマレード、りんご、ブルーベリージャムを作りました。ジャムは、部員で持ち帰りました。今年は、コロナの影響で部活がなかなか出来ませんでしたが、後輩達と一緒にジャムを作った時間は思い出です。1年間、ありがとうございました。(5年ジャム長)

 

ケチャップは春休みを含め3回作り、部員が持ち帰りました。コロナ禍で作れる回数は大幅に減り、今まで通りの活動ができないことが歯がゆかったです。ですが、後輩とのケチャップ作りは本当に楽しく、かけがえのない時間でした。1年間ありがとうございました。(5年ケチャップ長)

 

1年間ブログを御覧いただき、ありがとうございました。私はこのような経験は初めてで至らない点も多かったかもしれませんが、精一杯園芸クラブの雰囲気や活動をお伝えしたつもりです。このブログを通して、園芸クラブに少しでも興味を持っていただけたら幸いです。来年はきっともっとたくさんの活動ができますので、ご覧いただけると嬉しいです!!(5年書記)

 

今年はまさに”全て白紙”という状況からのスタートで、コロナに始まりコロナに終わらない年となりました。長年先輩方が積み上げて来て下さったものも崩れてしまい、それを立て直さなければならないという思いと、自分達の代の足跡を残したいという思いがありました。しかし現実はそう上手くもいかず、足跡を残すどころか立て直しすら満足にできないまま引退の時を迎えてしまいました。悔しい思いと後輩達に申し訳ない気持ちでいっぱいです。しかし、例年とは形の違う活動を強いられる状況だったからこそ、生み出せた事や考えた事は沢山あったと感じています。大変状況が不安定な中ともに過ごした部員、支えて下さった先生方、見守って下さった沢山の方々に感謝申し上げます。本当にありがとうございました。来年度の園芸クラブも宜しくお願い致します。(部長)

プランターに植え替え作業 

プランターのお花

引退の挨拶