入学案内
トップページ > 入学案内 > 受験を考える方へ > お知らせ一覧 >  5月19日(金)イブニング説明会実施報告 | 恵泉女学園 中学・高等学校

受験を考える方へ

この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

5月19日(金)イブニング説明会実施報告

2017/05/22

5月19日(金)に、本校においてイブニング説明会を実施しました。 約180名の方が参加してくださいました。 多くの方々にご参加をいただき、感謝申し上げます。 今回の説明会では、教育理念・考える恵泉・英語の恵泉・2017年度入試結果及び2018年度入試についてご説明しました。 今回のメインイベントは卒業生保護者によるスピーチでした。今年の3月に卒業した生徒の保護者 木暮一啓様に「恵泉で娘を学ばせて」というタイトルで、恵泉教育について父親の立場から、また、大学教育に携わっておられる立場からお話しいただきました。
皆様からいただいたアンケートのご意見・ご感想の一部を紹介させていただきます。

4月下旬に女子校アンサンブルというイベントにて、加藤校長先生のお話を伺い、素晴らしい教育理念であると感動しまして、本日の説明会に参加させて頂きました。実際に学校を拝見し、やはり素晴らしい教育理念の学校だと感じました。自分の考え、意見をもち、発信することのできる人、このような自立した女性に娘も成長できたらと思いました。校内案内も大変親切にして頂きました。本日は有難うございました。

本日はイブニング説明会に参加させて頂きまして、ありがとうございました。校長をはじめとする諸先生方から“恵泉女学園”のお話を伺う度に、娘を学ばせたいという想いが強くなります。美術系の授業の素晴らしさは恵泉デーで感じておりました。今度お話を伺う機会がありましたら、音楽の授業についてもお聞きしたいと思っておりましたので、校内見学の際に副校長先生からお話し頂いて、“ますます”という気持ちになりました。卒業生の保護者の方のお話も、私達の知りたいと思うところをお話し頂いて、大変勉強になりました。遅い時間まで一つ一つ丁寧に説明してくださいましてありがとうございました。

以前にもお邪魔したことがありますが、まず心打たれたのは御校の生徒さん達の目の輝き、生き生きとした表情…。どの生徒さんも愛をもって育まれているのだと思いました。本日の説明会に参加させて頂き、その理由がわかった様な気が致します。「英語ができるだけではない、多様性を学び、平和のために語学を学ぶ」そういった校長先生のお話しには、深くうなずくばかりでした。全くブレていない理念をもつ学園。世の中が激動の中に在っても普遍的な教育が連綿と続いていくことは、自分を幸福にし他者をも幸福にする基本だという思いがあります。個人的にはこちらのメディアセンターが大好きです。娘にも本日のことを伝えます。私のように昼間忙しくしている者にとってイブニング説明会は本当にありがたいです。

教育理念を改めてお聞きし、人間教育(全人的な)を柱に教育をなさっているのだということがよくわかりました。実直な人が育つ学校だというのが感想です。制服などの規制がなくても、生徒さんたち一人一人が考え、行動をしている様子を伺うことができ、魅力的な学校だと思います。(実際、こちらに向かう時、上級生が下級生に「道の真ん中に立たない方が良いよ!」と注意する姿を拝見しました。語り合える仲、素敵ですね。)次回はぜひ、読書好きの娘も一緒に参りたいと思います。

お忙しい中、平日に説明会をして頂き、ありがとうございました。「考える恵泉」とても共感しました。「感話」というのを初めて知りました。自分で考え、文章にまとめるのは難しい事だと思いますが、それが出来る様になってきた時、自立した女性に近づける様な気がしました。英語をはじめ先生方の面倒見の良さ、きめ細かさを感じました。ぜひ娘を通わせたいと思いました。木のぬくもりを感じる校舎、お掃除も行き届いており素晴らしかったです。

今回、5度目の説明会参加です。卒業生保護者のお話を聞き、私たちも同じ事を考えており驚きました。教育理念、英語教育、感話、すばらしいものばかりで本当なのだろうかと。娘をどう育てたいかと言う私たちの考え。恵泉で娘が「生きる力」をしっかりと6年間で身につけ卒業する時のイメージまで本日は思い描くことができました。心に響く説明会でした。