進路進学
恵泉女学園中学・高等学校 > 進路・進学 > 進路指導ニュース > 4年生 キャリアガイダンス | 恵泉女学園 中学・高等学校

進路指導ニュース

4年生 キャリアガイダンス

2021/10/07
10月7日(木)
恵泉で中高時代を過ごした先輩方は、社会に出てどんな仕事をしているのでしょう。
昨年度に引き続き、オンラインで3人の先輩のお話を聞きました。
都庁職員Tさんは、オリンピック・パラリンピックの担当です。ダイヤモンド・プリンセスでコロナウイルス感染者が出てから今日に至るまで、Tさんは会食を慎んでいます。行動自粛を呼びかける立場の人間として当然の行動だと語るTさんにとって、働くとは自分の行動に責任を持つこと。納得です。高校時代は広く学べる最後のチャンスだから好き嫌いせずに学ぼう、選択肢を増やすことになるからと励ましてくれました。
二人目のSさんは、かわいい7か月のご長男を抱っこして宮城県南三陸町から参加してくれました。移住のきっかけは恵泉の被災地ボランティアです。恵泉卒業後も「チームわかめ」のメンバーとして南三陸に通い続けたSさんは、地元の人たちの力になりたいという思いを深め、農協に就職しました。「誰のために、何のために働くのか」と「どこで誰と暮らすのか」を大切に考えたそうです。イチゴ農家のためにどんな仕事をしているのかを、わかりやすく具体的に説明してくれました。
三人目のKさんは、富山県の富山市ファミリーパークで獣医をしています。動物は口がきけないので飼育員に聞きながら診察すること、触って診察出来ない動物もいること、薬の与え方にもいろいろ方法があって工夫が必要なこと、など動物たちの写真とともに話してくれました。4年生も興味津々です。Kさんの高校生活は硬式テニスや短期留学で充実していたとのこと。視野を広く持って、何にでも挑戦してほしいというKさんの願いは4年生にしっかり届いたことでしょう。 
(4年学年会)
 

キャリアガイダンス

キャリアガイダンス③ キャリアガイダンス②
 
恵泉デー(文化祭) 恵泉デー(文化祭)
Campus Viewing WEBパンフレット メディアセンター 信和会(生徒会)