進路・進学
トップページ > 進路・進学 > 大学合格体験談 >  R.Tさん オレゴン大学

大学合格体験談

R.Tさん オレゴン大学

2016/07/01

a.自分の言葉で海外の人達と伝え合いたい。
b.自分と異なる人や文化に触れて自分のアイデンティティーを見極めたい。

  1. RT【海外の大学に進学しようと思った動機】
    海外大学進学の動機は、世界中の人々と交流を深め、その人たちの考え方や物事に対する感じ方を知りたいと強く思ったからです。高1の夏、オーストラリアに3週間程度滞在しました。
    その時、日本で当たり前のことは、外国に行ったら当たり前ではないことを知りました。そして、外国の方々と交流するにはその当たり前でないことを認識することが、とても大切だと思ったのです。また、自分と異なる人や文化と交わることによって自分が何者なのかに気付かされ、アイデンティティーが見えてくるのは面白いと感じました。オーストラリアの短期留学で、日本人とは全く違う考え方に触れたことで、海外進学を選択肢の一つとして真剣に考えるようになりました。
    その他、私が海外進学にこだわった理由は、自分の言葉で外国人と直接話したいと考えたからです。コミュニケーション能力や表現力は、日本人が苦手とすることだとよく言われますが、私は「伝える」のではなく「伝え合う」ことをしたいと思いました。まずは、他人から聞いた話や読書、映像からでは得られない「生情報」を自分で聞きだすことから始めたいと思います。
  2. 英語力の準備について
    実は、現地の言葉が全くできなくても進学できる外国の大学はたくさんあるのです。語学留学(最もポピュラー)では、英語力は特に不要と言われています。海外の語学学校は初心者にも広く門戸を開いているので、英語力は一切問われません。一方、大学留学や専門留学などの「専門的学問を学ぶ」留学では、当然のことながら大学が指定する英語力が求められます。ただ、留学当初から高い英語力を持つ留学生は多くはなく、現地の語学学校に通ってレベルアップを図るのがほとんどです。しかしこのようなステップを踏むと、驚くほどの学費や生活費用が必要となってしまいます。私は大きな負担を両親にかけたくなかったので、現地で語学講座を受講することはなるべく避けたいと考えました。英語力は国内にいる間に十分に習得しておく必要があると思います。
    私は恵泉の英語の授業で習ったことは全て使いこなせるようにしようと考えました。単語や熟語、文法などの基本であり、とても重要なことを恵泉では一から丁寧に教えてくださいます。それらを理解するだけではなく、実際に使えるようにすることが大事だと思います。その他、英語力向上のために洋書を読むよう心掛けました。現地では英文読解スピードが重要になることは言うまでもありません。ですからどんなに難しい本でも最後まで読み切ることを目指しました。その際、わからない単語の意味を調べるのは後回しにして、その単語の意味は前後の文から予想して読み進めました。
  3. 海外情報の入手方法について
    情報収集はWebサイトが中心でした。自宅にネット環境があれば、最新情報は容易に入手可能です。海外から留学生を呼ぼうと考えている大学の学校サイトは情報がとても充実しているので、そのラインナップと情報の質を比較するだけでも良い大学かどうかを判別することができます。まずは、興味のある大学の公式サイトを訪問して下さい。当たり前のことですが、大学情報は全て英語で書かれているので、自分の英語力を確認することもできます。また、自分が学びたい領域の専門用語にも触れることもできます。
    また、国内で実施される様々な留学関連の説明会に参加して下さい。大勢の留学経験者の方と交流を持つことができるので、不安を少しずつ解消できます。直接お会いして現地の状況や苦労話などをお聞きするのはとても面白いです。ネットや本からは得難い情報を直接聞けるのは、大変貴重なアドバイスとなります。いまでもその方々とSNS上で交流を続けており、これからもお世話になると思います。
  4. 恵泉女学園の魅力について
    恵泉という学校は、多くの愛にあふれた学校です。恵泉の生徒や先生たちは、お互いの個性を受け入れて、個々の考えを尊重するというスタンスができているのです。特に、修養会委員長を務めたときは、たくさんの人たちに支えられていたのだなと再確認することができ感激しました。
  5. 最後に、後輩へアドバイス
    自分の考えを大切にして下さい。そして、他人の考えも大切にして下さい。もし海外留学に興味があるのならば、「何のために留学するのか?」「何を学ぶために留学するのか?」「それはアメリカの大学でないと学べないのか?」「アメリカで学ぶことにどんなメリットや意義があるのか?」をしっかりと考え、確かな目的を持つことが大切です。不安はたくさんありますが、自分の目的を達成することが最も自分のためになると思います。
出願期間のご案内 出願期間のご案内
恵泉女学園中学・高等学校入試情報サイト WEBパンフレット Campus Viewing メディアセンター 信和会(生徒会)