進路・進学
トップページ > 進路・進学 > 大学合格体験談 > M.Hさん 上智大学 外国語学部 イスパニア語学科 | 恵泉女学園 中学・高等学校

大学合格体験談

M.Hさん 上智大学 外国語学部 イスパニア語学科

2021/09/22

1.英語は学校の授業を意欲的に取り組むことが大切です。「予習、授業、宿題、小テストの勉強を繰り返す」という当たり前のことを丁寧に実行しましょう。
2.大学受験では英語力がサクセスポイントになりますので、長文読解や語彙力、ヒアリングの向上のために、「全て音読すること」をお勧めします。読みながらその内容がわかるようになるまで、何回も丁寧な音読を続けてください。
3.他の科目でも基礎力が重要で、学校の授業を利用した受験対策が効果的です。

  1. 【上智大学 外国語学部 イスパニア語学科 を志望した理由】
    イスパニア語学科を志望した理由は、英語以外の言語を話せるようになりたかったからです。また、英語とスペイン語の二か国語ができれば、世界の大半の地域で活躍することができるのではないかと考えました。余裕があれば、夏休みなどを利用してスペインや中南米のスペイン語圏へ旅行に行ってみたいと思います。現地の語学学校で勉強するのも楽しいかもしれません。夢は広がるばかりです。
    上智大学の良い点は、国際色が豊かなところです。言語研究を重視している大学なので、言語に興味のある私にとっては最適だと思いました。また、外国人留学生が多いことも魅力です。学内に居るだけで、国際交流できるチャンスが多々あり、外国人留学生の友人をつくって、様々な文化を学べたら幸せです。
    高1の夏、オープンキャンパスに参加して、いくつかの模擬講義を受講し、キャンパス内を散策しました。学校の雰囲気がとてもよく、ここで勉強したいと思うようになりました。志望校の決定は高2の3月頃で、受験勉強も開始しました。

  2. 【英語の勉強方法について】
    学校の授業は意欲的に取り組むことが大切です。当たり前のことだと思いますが、予習、授業、宿題、小テストの勉強を丁寧に繰り返すことで、英語の基礎力は身に付けられます。他の科目でも同じですが、基礎力があれば、次のステップに進むことができ、いろいろな勉強法も試すこともできます。私の場合、自分が日本語で話す内容を頭の中で英語に変換するトレーニングを続けていました。
    高2~3生では、自分の希望進路に応じたカリキュラムを柔軟に組むことができます。その中でも、「English Listening A(ELA)」という授業は、英語の実践的な運用能力を高めることができるのでお勧めです。
    大学受験では英語力がサクセスポイントになります。実力アップのために、長文読解や語彙力、ヒアリングは全て「音読」することをお勧めします。きちんと読解しながら音読することが大切です。読みながらその内容がわかるようにならなければなりません。因みに、単語や熟語の確認は基本中の基本です。長文の中で、わからない単語や熟語を発見したら、直ぐに単語帳に追加し、勉強してください。小さなことを積み上げていくことが大事です。
    最後に、上智大学を含め、主要な私立大学では英語の外部試験を利用することができます。英語が得意でなくても、現在の力を把握するために、外部試験を利用することは良いことだと思います。どの様な結果であっても無駄にはなりません。私は高3の11月にIELTS5.5を取得し、本番試験の負担を軽くしました。

  3. 【その他主要科目のアドバイス、スランプ克服法について】
    他の科目についても学校の授業を受験対策に活用しました。国語は「古典講読演習」の教材が役に立ち、過去問演習と同時に、古典文法や古文単語の確認をすることができました。その他、基本的な良問がそろっている共通テスト予想問題集を解いて基礎力を万全にするようにしました。次に、世界史でも「世界史演習」の授業がとても役に立ちました。先生の解説はとても丁寧で、面白く、たくさんインプットすることができました。因みに、世界史は高2の3月~高3の夏休みの期間に全範囲をノートにまとめました。教科書に書いてあることを自分の頭の中で整理するには、自分で考えて、自分で書くこともひとつの方法だと思います。
    私の場合、最初から最後まで、模試の結果は良くありませんでした。上智だけでなく滑り止めにした大学の判定まで「全てE」だったのです。私はその結果を見るたびに、「まだ自分の力が出し切れていないだけ」と言い聞かせていました。しかし、それでも気持ちは落ち込んでしまいます。そのようなときは、自分の将来の姿(夢)を想像するとよいでしょう。また、友人や知人に悩みや不安を聞いてもらうのもよいと思います。即座に気分転換できるわけではありませんが、「自分の夢を実現するためには、いま頑張るしかない!」との考えに行き着きました。

  4. 【恵泉の思い出は? 6年間を振り返って】
    恵泉では毎日礼拝があります。多くの人たちの話を聞くことで、様々な価値観を知ることができ、自分の考えを深めることができました。
    6年間の思い出の第1位は、クラブリーダーとKSD実行委員を同時に務めたことです。自分の責任感や周りの人を思う気持ちが高められたと思います。第2位はタイ留学です。同学年で、英語がネイティブではないタイ人の子と英語で交流し、多くの刺激を受けることができました。第3位はエンパワーメントプログラムです。英語でのディスカッションを通して、自分の知見が広がり、貴重な経験となりました。

  5. 【後輩のみなさんへ】
    コロナ禍にあるからといって、できないことはありません。それに苦しんでいるのは、あなただけではありません。自分自身を卑下する必要は全くないのです。自分に与えられた仕事や自分の夢を叶えるために、先生や友人に相談してみましょう。そうすると一歩前進できる方法に気付き、工夫も思いつくでしょう。
恵泉デー(文化祭) 恵泉デー(文化祭)
Campus Viewing WEBパンフレット メディアセンター 信和会(生徒会)