進路・進学
トップページ > 進路・進学 > 大学合格体験談 >  S.Sさん 筑波大学 社会・国際学群

大学合格体験談

S.Sさん 筑波大学 社会・国際学群

2019/08/28

1.英語の基礎力をつけるには、英単語や文法を嫌がらずに暗記してしまうこと。できなかったことは必ず復習すること。小さな努力が大きな成果を生み出します。
2.一日の大半の時間を過ごす“恵泉の授業”を最大限活かすこと。これが最も合理的で効果的です。予習と復習ができなければ授業の効果は上がりません。

  1. ao【筑波大学 社会・国際学群 を志望した理由】
    高2の夏のオープンキャンパスで筑波大学を初めて訪れた際に、学生の雰囲気や模擬講義の内容、広大なキャンパスに魅かれ、その場で第一志望校に決定しました。
    また、もともと学びたいと考えていた社会学に加え、法学や政治学、経済学を一つの学類で学ぶことができ、さらに他学群の講義も履修できるため、関心のある問題に様々な学問分野からアプローチできるのではないかと考えました。
  2. 【英語の勉強方法について】
    英単語や文法といった暗記事項を、理解しながら着実に押さえ、知識の抜け漏れがないよう定期試験で満点を目指すと良いと思います。参考までに、私は英単語に関しては『鉄緑会東大英単語熟語 鉄壁』(KADOKAWA)を、文法に関しては『全解説 頻出英文法・語法問題1000』(桐原書店)を利用していました。
    具体的な英語の入試対策としては、①長文は単語や文法、構文などをある程度身に着けたうえで、文章中の語句の言い換えなど英語特有の文章構造に慣れるようにする②リスニングを受験するのは私の場合センター試験のみだったので、センター形式のCDで練習する③英作文は、長文対策と同様に暗記事項を押さえ、問題文を読んだ際にどの構文を使えばよいのかわかるようにする④センター試験については、過去問を解くことで時間配分を感覚的に覚え、苦手だった発音・アクセントの問いの中で間違えたものをまとめて覚えなおす、といった対策をしていました。
  3. 【国立大学の「公募推薦対策」について】
    公募推薦は一般入試に比べ評価基準がわかりにくく、具体的にどのような対策をすれば合格するのかがわからないため、公募推薦のみに受験対策を絞るのは危険だと思います。ですから、あくまで一般入試を受ける前提で並行して対策を行うのが良いでしょう。
    公募推薦では、その大学で学びたいという意欲や志望分野への関心があるかどうかを大学側は知ろうとしていると思うので、志望理由を明確に伝えられるようにすることを心がけました。
    具体的には、①志望分野に関する本を5,6冊読む(冊数が問題なのではなく、本の内容を頭に入れたうえで自分の意見を組み立てられるようにしておくと、面接や小論文で掘り下げた問題が出たとしても対応できるのではないかと思います)②過去問を解く(問題形式は変わることがあるので、傾向を把握しつつ最新の社会問題などについて調べる方が役に立つと思います)③現在話題となっている社会問題の争点やそれに対する自分の意見をまとめたうえで、自分でテーマを設定して小論文を書く(新聞や、新聞記事中の重要キーワードをまとめた本、政経の教科書を参考にしました)、といった対策を行いました。
  4. 【恵泉の思い出は?】
    これは大学に入学して改めて恵泉ならではだと感じたことなのですが、勉強ができるか否かといった基準のみで人を判断することのない、のびのびとした雰囲気の中で過ごせたことと、一人ひとりの生徒に向き合ってじっくりと話を聞いてくださる先生に出会えたことです。
  5. 【後輩のみなさんへ】
    志望校は早く決定するに越したことはない、と思います。大学によって入試で必要となる科目や要求されるレベルは異なるので、過不足なく対策を行うために、時間のあるうちにいろいろな大学を見学して、志望校を絞っておくと良いでしょう。
    また、塾の活用についてですが、塾に通う前にまずは学校の勉強を中心に据え、それを確実に押さえていけば受験にもつながると思います。そのうえで、学校の勉強に加えて補強したい科目がある際などに塾を利用するのが良いのではないでしょうか。
    最後に、部活に限らず、勉強以外に何か打ち込めるものがあるなら、それを最後まで続けると良いと思います。最終的には、それに打ち込んだことが受験期において、勉強への意欲を高めてくれるのではないかと私は思っています。
恵泉デー 恵泉デー
恵泉女学園中学・高等学校入試情報サイト Campus Viewing 恵泉のICTとリテラシー教育 メディアセンター 信和会(生徒会)