学校案内
トップページ > 学校案内 > 校長ブログ > 校長ブログ一覧 >  早稲田大学キャンパス訪問

校長ブログ

早稲田大学キャンパス訪問

2015/07/07
大隈講堂前

大隈講堂前

大隈銅像前

大隈銅像前

 7月3日(金)4,5,6年生の生徒24名で早稲田大学キャンパスツアーに参加しました。早大出身の教員がS-parkの一環で企画しました。大学主催のオープンキャンパスでは感じることのできない日常の大学の雰囲気を知り、進路選択・学習意欲向上等の一助とする意図があります。
 10時、高田馬場駅の早稲田口に集合。駅から早稲田へと続く町並みを歩いて戸山キャンパス(文学キャンパス)へ。学生会館に立ち寄り、大隈講堂の前で記念写真を撮りました。そこから、本部キャンパスを引率教員の教え子の政治経済学部と創造理工学部の女子大生二人がCA(キャンパスアテンダント)を務め案内してくれました。施設見学のみでしたが、大勢の学生の中、入り組んだキャンパス内を自由に案内し、生徒からの質問にも丁寧に答えてくれました。さすがに現役の学生です。
 至る所にある掲示板は、かつての学生運動のアジテーションの類は影を潜め、様々なシンポジウム、研究会の案内や海外留学生の募集等活発なキャンパスライフが紹介されていました。昔は下駄を履いたバンカラ学生が学内を闊歩していたワセダでしたが、今は女子大生や外国人学生も多く、垢抜けしたスマートなWASEDAになっていました。学食で銘々がランチを食べ、束の間の早大生気分に浸り雨の早稲田の杜を後にしました。
 20日には、東京理科大学理学部物理学科のカーボンチューブやグラフェン等のナノカーボンについて研究している研究室への訪問が計画されています。これには33名の生徒が参加予定です。良い学びの刺激を受けて夏休みを迎えて欲しいと思います。