学校案内
トップページ > 学校案内 > 校長ブログ > 校長ブログ一覧 >  信和会「実践躬行」

校長ブログ

信和会「実践躬行」

2014/05/15

 生徒の自治組織「信和会」の新年度の活動がスタートしています。
 今年度の信和会のテーマは、「実践躬行」です。「実践」は、「実行すること」、「躬行(きゅうこう)」は、「自ら行うこと」です。口だけではなく、実際に踏み行うことの大切さをいうことばです。
 4月23日の朝、信和会の新役員が校長室を訪ねてきました。会長、副会長、書記、会計の9名の生徒です。簡単な自己紹介を受けましたが、短い会話ながら新鮮な意気込みを感じました。4月30日には、信和会前期就任式がありました。信和会規約第4条によると、校長は名誉信和会会長です。名誉会長は、旧会長から新会長へ信和会シンボルの「鍵」と「鐘」の受け渡しをさせて頂くことが慣例となっています。全校生徒の前でのこの“儀式”は、信和会は、役員だけの会ではなく、生徒一人ひとりの会であることを意識付けます。手際の良い要領の得た進行で予定通りに就任式を終えることができました。
 5月9日。今年度の第1回信和会総会がありました。讃美歌を歌い、聖書朗読があり、宗教部長の祈りをもって始まりました。昨年度の決算報告、今年度の週・月予定と予算の審議が行われました。通常の活動の他に、昨年は自由服について活発な議論がなされましたが、今年度の「実践9行」(役員9名で来室したので、、、)を名誉会長として大いに期待しつつ見守りたいと思います。