HOME > 学園のあゆみ:創立者 河井道

創立者 河井道

 

河井道 プリンマー大学卒業時

河井道
ブリンマー大学卒業時
(1904年)

  河井道は、伊勢神宮の歴代宮司の家に生まれました。しかし明治維新で職を失った一家は、開拓間もない北海道に移住します。河井家はそこでキリスト教と出合いました。当時10歳だった河井道は、サラ・スミスの生徒となり、スミス女学校(後の北星学園)において手づくりのキリスト教人格教育を受けます。

この経験は河井の人生の基礎となり、自らの学校運営に生かされていきました。北星女学校卒業後には、小樽でクララ・ロースが始めた静修女学校の開校にあたり、生徒と寝起きを共にして教科を教え、寮母を務めました。

1年後には上京して、新渡戸稲造夫妻に伴われて渡米。フィラデルフィア州のアイビー・ハウス(予備校の意)に学んだあと、ブリンマー大学に入学しています。

1904年に帰国すると、東京の女子英学塾(後に津田英学塾)の教授に就任します。YWCA設立当初から活動に関わり、日本人初の総幹事に就任して全国組織に成長させました。

1929年の恵泉女学園開校にあたっては、一色百合、森久保寿、佐々木俊子(のちに坂田)など、津田英学塾での教え子たちが「小さき弟子の群」を組織し、募金活動を行い支援しました。河井の住居で始められた恵泉女学園は、翌年、好条件で世田谷の千歳村(当時)に校舎付きの物件がみつかり移転しました。祈りが聞き届けられたとしか思えない幸運によって資金の目処もつき、購入することができたのです。学園はその後も河井の教育理念に賛同する多くの方々の支援をいただきながら、着実に成長しました。創立10周年を機に河井は、学校に対する当初の夢が多くの友人たちの直接間接の援助によって目覚ましく実現されてきたことに対する感謝を表すために"My Lantern"を出版、世に送り出しました。

1941年3月には、キリスト教連盟によって平和使節団が結成され、アメリカのキリスト者と平和の祈りを共に捧げるために、急遽訪米しました。メソジスト教会の監督である阿部義宗や協同組合運動を推進した賀川豊彦ら海を渡った7人のメンバーの内、河井は唯一の女性メンバーとして参加しています。また、戦後河井は、文部省の教育刷新委員会委員となり「教育基本法」の制定に関わるほか、日本の短期大学制度の発足にも尽力しています。

1952年9月、河井は検査のため東大病院に入院、その後癌研病院に移り治療を続けますが、翌1953年2月11日、容態が悪化し、集まった人々の熱い祈りと讃美歌が歌われる中、静かに息を引き取りました。

 

自叙伝

自叙伝マイランターン

”My Lantern”
(1939年)

自叙伝スライディングドアー

”Sliding Door”
(1950年)

学燈ゆずりの写真

学燈ゆずり(第2回)

 

恵泉の卒業式には「学燈ゆずり」という伝統があり、第1回より今日まで続いています。卒業生代表が在校生代表に学燈を手渡し、一人ひとりの卒業生が学燈から灯をうけ、「光よ」の歌を歌いながら退場します。河井は『わたしのランターン』("My Lantern"の邦訳版)の中で、「ここまで、わたしは、わたしのランターンをかかげてきた。時がくると、それは別の手へとひき継がれて、さらに先へと運ばれていくであろう」と書いています。河井の志が、今もこの学燈ゆずりに込められて引き継がれています。

 

 

河井道年譜

 

西暦 元号 年齢

事項

1877 M10   7月29日、伊勢山田に生まれる。
1884 M17 8 この頃 10月、一家をあげて北海道に移住。
1887 M20 11 札幌のスミス女学校(北星女学校)に入学。
1895 M28 18 北星女学校卒業。1年間、小樽の静修女学校に勤務。
1896 M29 19 新渡戸稲造および津田梅子に師事。(~1898年(M31)年21歳)
1898 M31 21 はじめて渡米。
1900 M33 23 6月、フィラデルフィアのアイヴィ・ハウス(予備校)卒業。ペンシルヴァニアのブリンマー大学に入学。
1904 M37 27 同大学卒業。バチェラー・オブ・アーツの称号を受ける。9月、東京の女子(津田)英学塾教授に就任。
1905 M38 28 4月、東京女子高等師範学校講師を兼任。(~1907年(M40)年7月)
1909 M42 32 万国キリスト教連盟およびキリスト教女子青年会の招きを受け、ドイツ、フランス、イギリス、スイス、オランダにおける、これらの運動の研究視察の便宜が与えられ、この間、万国キリスト教女子青年会第4回総会に提出すべき書類の作成委員に選ばれ、数ヶ月間、ロンドンにあって、その仕事に当たった。
1910 M43 33 6月、ドイツのベルリンにおける万国キリスト教女子青年会第4回総会に出席。とくにドイツ国皇后に謁見。
1912 M45 35 キリスト教女子青年会(YWCA)日本同盟総幹事選定委員会において、最初の日本人総幹事に推される。
1914 T3 37 大正博覧会開催にあたり、婦人専用の休憩所を設置して奉仕。
1915 T4 38 6月、ニューヨークのキリスト教女子青年会幹事養成学校に学ぶ。
1916 T5 39 4月、女子(津田)英学塾教授辞任、キリスト教女子青年会日本同盟総幹事専任となる。9月、帰国。
1918 T7 41 冬、ウラジオストック救援、視察。(この前後、日本基督教会の朝鮮、台湾、中国などの伝道に奉仕)
1920 T9 43 YWCAのクリーブランド大会に出席、講演を行う。渡辺ゆり同行。スイス・ジュネーブで開催の万国キリスト教学生大会に出席ののち、ドイツ、フランス、イギリス、アメリカの宗教、教育、社会事業等を視察研究。アメリカ再帰後、ユニオン神学校に学ぶ。
1921 T10 44 2月、母の病のため帰国。
1922 T11 45 1月10日、母君、75歳で逝去。
1923 T12 46 関東大震災と救援活動。中国訪問、YWCA国際会議に出席。
1925 T14 48 10月、日本YWCA第1回全国総会を、新設の富士岡荘で開催。総幹事辞任届出。
1926 T15 49 3月、アメリカおよびヨーロッパに渡り、新渡戸稲造訪問。アメリカ、デンマーク、ベルギー、イギリス等の農業、教育、ことに女子園芸教育を視察。
1927 S2 50 2月、帰国。「小さき弟子の群」(後の維持会)が活動中。
1928 S3 51 東京の女子経済専門学校講師兼任、倫理科担当。
1929 S4 52 4月、東京に恵泉女学園を創立、その学園長に就任。
1932 S7 55 11月、学園機関紙「恵泉」創刊。
1933 S8 56 “Japanese Women Speak”(久布白落実、一部担当)を著す。9月、サラ・スミス先生恵泉訪問。
1934 S9 57 財団法人の認可を受け、同法人の理事に就任。理事長は一色乕児(旧姓渡辺ゆりの夫君、夫妻ともに終生恵泉のために尽くす)。7月、アメリカのキリスト教連合婦人会の招きにより渡米、4ヶ月間各地を巡回して講演を行い、日米親善のために尽力。クリスマスにスミス先生訪問。
1935 S10 58 2月、帰国。その10日、学園に留学生科発足(設置認可)。
1937 S12 60 5月、中国キリスト教連盟から、日本キリスト教連盟代表者として、男子4名、女子1名の招きがあり、その女子代表として、上海、南京に赴き、同地の宗教界、教育界の指導者と会見、キリスト教の立場より、両国親善の協議を行う。
1938 S13 61 インドのマドラスに開催のキリスト教世界大会に、日本代表のひとりとして出席。英国のミュリエル・レスターと深く相知る。
1939 S14 62 学園創立10周年を迎える。“My Lantern”を著す。
1941 S16 64 3月、日本キリスト教連盟から、アメリカのキリスト教連盟に向かって派遣の平和使節団たる、阿部義宗、小崎道雄、賀川豊彦、アキスリング、松山常次郎、湯浅八郎らの一員として渡米。カリフォルニアのミルス・カレッジから、ドクター・オブ・ヒューマンレターズの名誉学位受領。
1944 S19 67 戦時下の苦労のなかで、学園創立15周年を迎える。
1945 S20 68 多年の創意と苦心に基づき、3月、学園に女子農芸専門学校設置の認可を受け、その校長を兼任。
1946 S21 69 2月、アメリカから来日の教育使節団に対する、日本教育家委員会の委員となる。8月、教育刷新委員会委員および大日本育英会評議員となる。
1947 S22 70 4月、新制中学校発足、翌年4月新制高等学校発足し、両校の校長を兼任。また、専門学校英文科が発足し、農芸科とともに恵泉女学園専門学校設置となる。11月、関東行刑管区行政監察委員となる。
1949 S24 72 学園創立20周年を迎える。6月、国際基督教大学理事となる。7月、文部省大学設置審議会委員となる。翌年(2月24日)の世界祈祷日の祈祷文(英文)を執筆。
1950 S25 73 4月、恵泉女学園短期大学設置、日本の短大制度につき尽力が大きい。“Sliding Doors”を著す。
1951 S26 74 1月、アメリカにおける短期大学総会に出席の目的をもって、日本短期大学協会からの代表として渡米。使命を終了後、国際基督教大学の基金募集に尽力して、6月帰国。私立学校法施行により、財団法人恵泉女学園を学校法人恵泉女学園と改組。日本キリスト教教育同盟理事(重任)。
1953 S28 75 2月11日午後7時10分、75歳7か月の生涯をおえて、天に召される。