入学案内
トップページ > 入学案内 > 受験を考える方へ > お知らせ一覧 >  12月19日(木)クリスマス礼拝・ミニ説明会実施報告

受験を考える方へ

12月19日(木)クリスマス礼拝・ミニ説明会実施報告

2019/12/20

12月19日(木)に、本校においてクリスマス礼拝・ミニ説明会を実施しました。 約100名の方が参加してくださいました。 多くの方々にご参加をいただき、感謝申し上げます。クリスマス礼拝は、三綿直人先生(プリマス・プレザレン経堂キリスト集会牧会者)による説教「約束の実現 クリスマス」があり、生徒による英詩暗誦(中2)、ハンドベル、ハレルヤコーラス等が行われました。ミニ説明会では本校の理念、教育方針、2019年度入試結果と2020年度入試について簡単にご説明いたしました。その後、希望者を対象として校舎見学をしていただきました。保護者の方々からいただいたアンケートのご意見・ご感想の一部を紹介させていただきます。

クリスマス礼拝に参列させて頂きまして、ハンドベルの音色に心が癒され、荘厳なハレルヤに感動致しました。また、生徒さんたちが自ら行動し、行事を執り行う姿が素晴らしかったです。娘も初めての礼拝に深く感じるところがあったようです。三綿先生の講話をお聞きして、自分を愛することの大切さ、自分の日常にある「よろこび」を見つめ直すきっかけを頂きました。本日はありがとうございました。

本日は、クリスマス礼拝に参加させていただきありがとうございました。礼拝でのお話は、今現在今日のお言葉に救われる人もいると思いますし、いつか今日のお言葉に助けられる人もいると思います。礼拝の時を持ち、それぞれが心に残る時間を過ごせる事は素晴らしいと思います。校舎見学でも、先生の丁寧なご案内で、様々な科目から本当の力を付ける事が出来ると聞きました。娘にも、様々な経験を通して、自分の可能性を広げて欲しいと思いました。

クリスマス会に参加させていただきありがとうございました。私はクリスチャンではありませんが、キリスト教主義の学校に通っていた経験があるため、礼拝の時間はなつかしくもあり、心やすらぐ時間となりました。大人になって思うことは、神様をおもい、祈る時間は、同時に心の中で自分自身ともむきあう時間であったということです。こうした環境で過ごす6年間はこれから歩む人生をきっと豊かにしてくれると思いました。恵泉に選んでいただけるよう、のこりの1か月半、本人の努力を見守っていきたいと思っています。

生徒さん達の案内でスムーズに会場に着席できました。ハンドベルや讃美歌の演奏がとてもすてきでした。三綿先生のトイストーリーのお話、7本指のピアニストの方のエピソードがとても心にのこりました。キリスト教への知識は浅いですが、他者に対する接し方にとても共感いたしました。

初めて恵泉を訪れたのは、去年のクリスマス礼拝でした。今年も参加させていただき良かったです。先日説明会へ行く際、駅前でハンドベル演奏の練習をしている姿を見ました。足を止め、聴いている方々は笑顔でした。ハンドベルの音色は清らかな、温かく幸せな気持ちになります。今日の演奏もすばらしかったです。三綿先生のお話し「約束の実現、クリスマス」はどんどん引き込まれていくどれも興味深いお話でした。先生の温かい人柄も伝わってきました。家へ帰り、恵泉への入学を夢みて頑張っている子供にも伝えたいと思います。聖書を土台にまた感話や様々な方の話しを聞き、学び多き6年を過ごし、成長していって欲しいと思います。

とても素晴らしい会でした。三綿先生のお話は、とても心にひびき、改めて、約束の大切さと、日々を大切にすごして生きたいと感じました。娘にとっては初めての経験でしたが、最後まで真剣にお話をお聞きし、慣れないながら、聖歌を歌っておりました。本日はよい経験をさせて頂き、ありがとうございました。

次回は1月9日(木)に第3回入試説明会があります。 皆さまのお越しを心よりお待ちしています。