学校生活
トップページ > 学校生活 > 恵泉ダイアリー >  河井道記念礼拝

恵泉ダイアリー

河井道記念礼拝

2018/02/15

2月13日、河井道記念礼拝が行われました。本校の卒業生である大﨑好子先生が「今もなお、ランターンに導かれて」という題名でお話下さいました。1941年太平洋戦争の軍国主義の中でお育ちになった大﨑先生。天皇は神であり、命を絶つ時は「天皇万歳」と言うようにと、教育を受けてきました。戦後、恵泉に入学され、創立者・河井先生との面談で「もし見知らぬゴムまりが落ちていたらどうしますか?」と聞かれた時、大﨑先生は「誰も見ていなくても、神様は見ているから自分のものにしません。」とお答えになったそうです。本当に「神」に出会った瞬間だったと仰っていました。河井道先生が灯されたランターンが大﨑先生へ、そして今ここにいる在校生へ引き継がれていくことを覚えながら、心おだやかな一日を過ごすことが出来ました。