学校生活
トップページ > 学校生活 > 恵泉ダイアリー >  「働く」ってどういうこと?(3年生総合)

恵泉ダイアリー

「働く」ってどういうこと?(3年生総合)

2018/01/22

3年生は冬休みの宿題の一つ、「職業調べ」から、身近な人にインタビューした内容を共有し、「働く」ことについて話し合いました。

何人かのまとめを紹介します。

1.ずばり!あなたにとって社会人として「働く」とはどういうことなのだと思いますか。
 ・自分の「好き!」「楽しい!」と思える、やりがいの感じられる職につき、社会に貢献する。
 ・世の中に何か貢献しながら、生活をするということ。お金を稼ぐというのは大切だが、やりがいや、人の役に立つということが大切だと思う。
 ・お金を稼ぐためだけだと思っていたが、社会を支える役割につくことでもあるのだと思った。

2.あなたは社会人としてどんな事を大切にして働きたいですか。
 ・自分の仕事を頼りにしてくれる人が1人でもいるなら、その人のために、相手の理想や求める物に全力でこたえられるようになりたい。
 ・やりがいを感じられて、一生続けたいと思える事を大切にして働きたい。また、仕事で活躍できるよう知識を身につけたい。
 ・働き始めたら苦手な人もいるはず。しかし、そんな人ともコミュニケーションをとれるようにする(外国人とも)。

3.今のあなたが磨きたいところはどのようなところですか(後略)。
 ・やりたいことがまだ見つからないので、まずは色々なことに興味をもつ心を磨きたいなと思った。
 ・人と関わる仕事の場合は、人から信頼してもらえる様に、礼儀,行儀,挨拶をしっかり身に着けて、物怖じせずにいろんな人とコミュニケーションをとりたい。
 ・部活や習い事、学校で自分のためではなく人のことも考え、できることをしようと努力していく。
 ・自分が思っていることを表現するにはどうすればいいのか、どうしたら伝わるかを考える。