学校生活
恵泉女学園中学・高等学校 > 学校生活 > クラブ・課外活動 > 活動情報 > 映像 >  映画甲子園2011で美術部門最優秀作品賞受賞

映像

映画甲子園2011で美術部門最優秀作品賞受賞

2012/01/25

映画甲子園2011(第6回高校生映画コンクール)の最終審査結果発表が、12月28日(水)早稲田大学大隈講堂であり、映像クラブ作品「世田谷BLUESY」が、美術部門 最優秀作品賞を受賞しました。

作品は、高校生がバンド活動を通じて前向きな気持ちを手に入れていく、というストーリー。友人や先生、家族など幅広い世代が出演したこと、また校外ロケを積極的に行って作品世界にマッチした空間を用意した点が特に評価されました。

生徒の一人は、

「映画は良くも悪くも一人ではできない。頑張ったものがこうして評価されるんだな、と実感している。協力してくれた方、一緒に作った仲間に感謝したい」

と受賞の感想を述べました。

高校生映画コンクール(映画甲子園2011)は、特定非営利活動法人 学校マルチメディアネットワーク支援センターが主催し、全国の高校生が、芸術的活動として製作した映像作品を対象します。選考には著名な文化人・映画関係者があたり、今年は100作品のエントリーがありました。