入学案内

第88回 恵泉デー

開催日時

2017年11月3日(金・祝)9:00~16:00

テーマ

“MAKE”

恵泉デーにようこそ
学園長 中山 洋司

皆様とともにこの日を過ごすことができますことを、学園関係者一同うれしく思い、心より歓迎いたします。
「恵泉デー」は、創立者河井道先生が、若い女性がキリスト教信仰を礎として個性と自立心を備えて成長し、平和な世界の実現のために尽力する人となるための教育をする学園を作りたいと熱望され、開校された学校であることを改めて思い起こす大切な日です。また、恵泉の教育を理解し、ご支援くださる方々に心からの感謝をもって、日頃の成果をご覧いただく日としております。そのため「恵泉デー」は、毎年1929年に開校した恵泉女学園の創立を記念し、国民の祝日である11月3日に開催しております。また、大学のある多摩キャンパスでは、恵泉デー後の土曜日・日曜日に「恵泉祭」として開催しております。
「恵泉デー」「恵泉祭」とも、生徒・学生が年毎にテーマを決めて、それぞれ日頃の学修、信和会活動、課外活動等の成果を展示、実演、舞台表現などで発表いたします。今年、世田谷キャンパスの中学・高校は「MAKE」、多摩キャンパスの大学は「恵風光彩」というテーマを掲げました。どうぞ生徒・学生が一生懸命に準備しました発表をご覧いただけますようお願いいたします。また、「恵泉デー」は、同窓会、恵泉会(保護者、保証人と教職員の会)、恵泉会友の会(恵泉会OG・OBの会)、教職員も加わって、心を込めて制作した品々のバザーも開きます。お買い物をお楽しみください。
3日(金)は世田谷キャンパスで、4日(土)・5日(日)は多摩キャンパスでよき交わりの時をお過ごしくださいますようにと願っております。

Let’s “Make”It a Great 恵泉デー
中学・高等学校長 加藤 英明

今年度の恵泉デーのテーマは、“MAKE”です。恵泉デーのテーマが“MAKE”に決まったとき、私が思い浮かべたのは、何故かアメリカ元大統領のJimmy C arter氏が用いた“make it”でした。記憶をさかのぼって調べてみると1976年9月19日に、彼がニューヨークタイムズに投稿した次の一節に行き着きました。
“I want to make it clear, if there is ever a conflict (between environmental quality and economic growth), I will go for beauty, clean air, water, and landscape.”
「私はそれを明確にしたい、(環境の質と経済の成長との間に)対立がある場合、私は美しさ、清潔な空気、水、景観を求めるだろう。」今の時代にあっても、新鮮さを失わない言葉どころか、私たちの思考を目覚め させる言葉です。強い意志を感じさせる“make”です。
聖書では“make”という言葉が974回使われています(King James Version)。
一番初めに登場するのは、創世記1章26節です。
「神は言われた。『我々にかたどり、我々に似せて、人を造ろう。』」
神様が、私たちを「造る」が“make”であると知り、「作る」だけではない、“make”の言葉の奥深さを感じました。聖書の中の最後の“make”は、ヨハネの黙示録21章5節にありました。
「すると、玉座に座っておられる方が、『見よ、わたしは万物を新しくする』と言い、」
下線部は、このようになっています。“I make all things new.”この“make”の目的語に目を留めると、“make”は、なんと荘厳・壮大な言葉なのでしょうか。いずれも、神様の語った権威のある言葉として使われています。旧約聖書の始めから、新約聖書の最終の書まで、この言葉が満ちているのは大変興味のあることです。
恵泉生が広く深い意味のある“make”をそれぞれの企画に十分に反映させ、展示・催物としてしっかり発信できるように祈ります。“make it”は、「成功する」「うまくやり遂げる」という意味もあります。
どうぞ、“make up”された恵泉デーの一日を楽しくお過ごしください。

内容

展示、催物、バザー、軽食他


タイムテーブル

下記画像をクリックするとPDFでご覧いただけます タイムテーブル

注意

・入場の際には必ずチケットが必要です。

・校内での写真、ビデオ等による撮影は、固くおことわりします。

・校舎内は土足厳禁のため、スリッパをご持参ください。

・【チケットについて】
これまでに資料請求された方、学外説明会に出席された方、学校説明会・オープンスクール等でアンケートをご提出いただいた方には、恵泉デーチケット(招待状)をお送りいたします。
発送は10月上旬を予定しています。

上記に該当しない方で、恵泉デーチケットを希望される方は、以下の「お問い合わせフォーム」の「お問い合わせ」欄に「恵泉デーチケット希望」と記入して送信してください。
10月上旬以降、順次お送りいたします。

なお、このお問い合わせフォームからのチケットのご請求は10/30(月)までとします。 10/31(火)以降は、中高事務部へお電話ください。
電話03-3303-2115