第2回入試説明会 第5回学校説明会 学校行事・説明会一覧
進路・進学

進路指導

社会や大学で活躍する卒業生など100人を超えるロールモデルから
生徒一人ひとりに合った生き方や進路を探す

進路指導の考え方

恵泉の進路サポート

恵泉では、卒業生のほぼ100%が大学に進学しています。そのため、1年生から自分の将来に向けて目標を設定し、それに向けて努力できる生徒を育てることが、進路指導の目標です。自分を客観的に見て、「自分は将来何がしたいのか、何に向いているのか」を生徒の成長に合わせて考えさせ、そのために具体的にどのような準備をすればよいのかを、日々の学校生活の中で指導しています。自分が思い描く将来に向けて、主体的に学習する姿勢を育んでいます。進路指導室には様々な大学の資料や、受験を終えた6年生の報告書があり、自由に閲覧できます。

 

学年 中学生 4年生
生徒
対象
4月
中高一貫校向け学力試験※
半年ごとに実施。その都度苦手教科を認識し、どのように勉強したらよいかを確認します。
5月
6年生の感話を聞く(1年生)
恵泉で教育を受けた上級生が、今どのような考えを持ち、最終学年の学校生活を送ろうとしているのか、礼拝の時間に話を聞きます。
6年生に聞く私の中学時代(2年生)
勉強とクラブ活動の両立についてなど、自分の経験をもとにした具体的なアドバイスを6年生から聞きます。

個人面談
7月
夏期講習(3年生)
夏休みを有意義に過ごすため、夏休みの初めに講習を行います。
夏休み
自分史をまとめる(3年生)
保護者面談
11月
中高一貫校向け学力試験※
半年ごとに実施。その都度苦手教科を認識し、どのように勉強したらよいかを確認します。
冬休み
職業調べ(3年生)
2月
6年生(進路内定者)による高校生活ガイダンス(3年生)
6年生から、自身の高校生活の様子、勉強とクラブの両立、中学と高校の違いを聞きます。
4月
オリエンテーションキャンプ(1泊2日)
5月
模試
5・6月
個人面談
7月
夏期講習
夏休み
保護者面談
8月
卒業生によるキャリアガイダンス
社会で活躍する30~40代の卒業生を招き、仕事や進路、学習について考えるガイダンスです。
8月末
模試
10月
小論文講演会
外部から講師を招いて、最近の小論文傾向と対策について話を聞きます。

個人面談
(科目選択のため)
1月
6年生(進路内定者)による進路ガイダンス
諸活動の中心となる5年生になるにあたり、学校生活や日々の学習方法などについての具体的なアドバイスを聞きます。
2月
模試(記述式)
3月
6年生(一般受験合格者)に聞く受験体験
大学を受験し、進路が決まった生徒から、実際の受験勉強の仕方や心構えについて聞きます。
保護者対象
6月
卒業生の保護者に聞く「恵泉で娘を学ばせて」(1年生)
入学したばかりの1年生の保護者には「卒業生の保護者との懇談会」も開き、保護者同士の交流も盛んに行われています。

学力試験結果分析
「学力試験」の結果を分析し、学習状況を把握。学力向上のための学校と家庭の役割についてお話しします。
10月
高校に進学するにあたって(3年生)
高校生になってからの授業への取り組み方、主体的な学習姿勢についてなど、高校進学へ向けての心構えをお話しします。
10月
進路について
5年生に向けて、進路に応じた教科を選択する時期です。家庭での話し合い方や、今後の学習への取り組み方、模試の結果の見方と活用法について具体的にお話しします。
保護者向けガイダンス   ●保護者面談 ●保護者会は年4回 ●保護者対象の授業参観

※学力試験…学力の定着・推移を調べる試験

一人ひとりの個性や
志望に応じたサポートをします

学年 5年生 6年生
生徒
対象
5月
模試(記述式)
5・6月
個人面談
7月
夏期講習、大学教員による講義
夏休み
保護者面談
8月末
模 試
10月
進路について(進路指導部)
6年生の「教科選択」をするにあたり、大学進学について、受験形態やスケジュールの立て方について指導します。

小論文講演会
外部から講師を招いて、最近の小論文傾向と対策について話を聞きます。

個人面談
(科目選択のため)
1月
志望理由書を書く
2月
模試(マーク式)

進路について
模試の結果の分析と、活用法、受験についての心構えについて、外部から講師を招いて保護者と共に話を聞きます。
3月
6年生(一般受験合格者)に聞く受験体験記
大学を受験し、進路が決まった生徒から、実際の受験勉強の仕方や心構えについて聞きます。

通年にわたって年5~6回個人面談

4月
進路について
大学受験までの年間スケジュール、推薦入試やセンター試験について説明します。
5月
卒業生による進学説明会
大学に在籍中の卒業生約60名を招き、大学での学びや受験勉強の仕方について具体的にアドバイスを聞きます
7月
夏期講習
模試の結果を各教科担当者が分析し、苦手克服のための勉強法や取り組み方を指導し、夏休み中の学習へとつなげます。
夏休み
三者面談(保護者・生徒・担任)
9月
大学入試センター試験説明会
模試(マーク式)
10月
模試(記述式)
10~11月
月志望理由書作成指導
面接練習
11月
模試(センター試験プレテスト)
12月
センター試験対策講座
1~2月
TOEIC集中講座・大学からの課題指導(進路内定者対象)
保護者対象
10月
進路について
(生徒と共に。上記)
2月
受験に向けて
(生徒と共に。上記)
4月
進路について
大学受験の形態や各種手続きについて、また受験生をかかえる家庭の環境づくりについてお話しします。
保護者向けガイダンス   ●保護者面談 ●保護者会は年4回 ●保護者対象の授業参観
進路を考える様々なプログラム
1~6年
「工学って何?を考える!~工学・技術の使命はなんだろう~」工学についての講演会
工学についての講演会
4~5年
大学研究室訪問
工学についての講演会
5年
税理士の方をお招きしして
税理士の方をお招きしして
5年
弁護士の方をお招きしして
弁護士の方をお招きしして

各大学受験対策は年間を通じて各科で実施しています。

 

卒業生と保護者の方に聞きました
恵泉の進路指導を受けてどんなことを感じましたか?

受験生活を乗り越えるには「学びたい」「なりたい」を持つこと
メディアセンターでの出会いが、今の進路を選ぶきっかけに

恵泉の象徴でもあるメディアセンターで読んだ沢山の本と、本を愛する沢山の人に出会って、本の魅力を改めて感じたことが今の進路を選ぶきっかけになりました。以前は文章を書くことが苦手でしたが、恵泉独特の「感話」や数多くの作文課題をこなし、自分の文章の推敲を繰り返すうちに、文章で自分の考えを表現する力が自然と身につきました。また、自分とは異なる考え方の友人たちの感話を聞き、物事を多面的に考えるようになったことも小論文入試に大いに役立ったと思っています。

卒業生  S.Y さん    2016年3月卒 慶應義塾大学文学部入学

受験生活を乗り越えるには「学びたい」「なりたい」を持つこと
塾に通わずとも、十分な英語力が身につきました

恵泉に入学して初めて英語に触れた娘ですが、先生方の丁寧なご指導と、読み書きだけに留まらない多様な授業のおかげで、塾に通うことなく英検準1級に合格し、十分な英語力を身につけたようでした。6年間の恵泉生活の中でそれぞれの内にある可能性に気付かせてくださり、型にはめることのない進路指導のおかげで、娘も将来進む方向を定めることができました。様々な価値観を持つ個性的な友人たちにも刺激を受け、楽しい学園生活を送ることができたようです。個を尊重する恵泉の教育に大変感謝しております。

卒業生母  H.Yさん

第2回入試説明会 第5回学校説明会
恵泉女学園中学・高等学校入試情報サイト WEBパンフレット Campus Viewing メディアセンター 信和会(生徒会)